Coral Lab 大塚です!

機材が色々入荷しております

coral-lab blog

マックスペクトの新製品 RAZOR
システムライトながら角度も付けられます!
マザラのように球を個別に交換は出来ませんが
モジュールごとの交換は可能なようですから、中央は10000Kで主照明
両サイドはアクティニック球を多く使用した色揚げ重視の設定等も今後可能になるかも
しれません
日本オリジナル仕様のモジュールも今後販売予定だそうですので楽しみな商品ですね!
まだ来たばかりですので、落ち着いたら色々検証してアップしようかと

coral-lab blog
今をときめくカルシウムリアクターメーカー「スリークォーター」さんの
オリジナル仕様のカルシウムリアクターです

お店を始めてみて、機材系で一番多いお悩みが「機材を入れるスペースが無い」
ということでした
スキマーにせよ、海外製品が多いので機材は全体的に大きめな物が多いですよね
この商品はその点に注目して、出来る限り設置面積を削った商品となっております

coral-lab blog

ロゴステッカーまで作って頂いて
到着した時驚きました(笑)

coral-lab blog

さすが、細部まで完璧な作り込みです
こちらは、在庫がございますので! 
KH7-9設定でしたら90X60X60程度まで対応できます

あと新製品のキューブ型のチューブホルダー
名前はまだ決まってないようですので「キューブホルダー」とか如何ですか!(笑)
coral-lab blog
1つのアクリル素材を削りだしで作ったこだわりの逸品
この商品の特筆すべき点は「耐久性」です
チューブホルダーで一番多い破損として接着面の剥離がありますが
接着面がありません(!)のでそんな心配は無用です

削りだしの恩恵はこんな所にも

coral-lab blog
かなりコンパクトです

coral-lab blog

実際使ってみて、従来の物では設置できなかったような場所にも設置できます
サンプに設置した時もスキマーの掃除やらで不意に割ってしまったりしがちな
商品ですから 耐久性があって、邪魔にならないコンパクトさ兼ね備えた
この商品は画期的じゃないかと

以前スリークォーター製のゼオリスフィルターをお買い上げ頂きました
お客様からのご要望でオーダーした

coral-lab blog
細かい粒のゼオライト対応 インサイドチャンバー!
coral-lab blog
細か~~い穴になっていますから
ゼオライトが漏れ出て、噛んでしまってシャカシャカ運動しにくいといった
問題も解決できるはずです

このように時代に則した迅速な対応をして頂けるのも
素晴らしいと思います

スリークォーター製品各種取り扱っておりますので
ご用命は是非Coral Labまで!