Coral Lab 大塚です!


やっとインフルエンザから回復しました


ご迷惑おかけしまして失礼致しました、感染注意期間は過ぎてますので


安心してご来店頂ければと(笑)



本日は実験水槽をトリトンメソッドにしてしまった事で


「もうZEOやBio Actifは下火なのか?」


というご質問を頂戴する事が多くなってきましたので


データが出たことも有り、そのご紹介をと、、、



下の表はBio Actif Systemで運用されてますお客様のデータをご了承を得て


掲載させて頂きました物です




ほとんどグリーンでレッドラインがありませんね!


このお客様はトロピック社のボーリングメソッドABCでカルシウム KH Mgを管理されています


この結果からCaであるパートAを増量


KHは正常値をキープされてますのでパートBはそのまま


カリウムが高いですので個別で足されている場合はそれを控えて頂き

足されてない場合はパートCを少し減らします


このように問題点を発見

       ↓

各パートの微調整で水質パラメータを容易に合わせることが可能です


また


より色彩を良くするためにPro CoralAとKを投入すると

0である亜鉛 バナジウム マンガン等も補える事が分かってきました


ちゃんとマニュアル通りに運用すればかなり良い数値が出るはずなんですね!



ではなぜサンゴの色彩が淡くなってしまうお客様がいらっしゃるのか?


ということですが


こちらのデータもお客様のご提供で載せさせて頂きますが


バイオアクティフ プロコーラルA K + ヨウ素添加剤 + カリウム添加剤 + ストロンチウム添加剤 + B-balance


といった添加剤内容で


ヨウ素の危険値までの過剰

カリウムは試薬で測って足されてたそうですが、それも過剰

バリウムも過剰 これはおそらくB-balanceでしょうか

モリブデン、ストロンチウムはストロンチウム添加剤に含有されてますので

おそらくそれで過剰


といった結果が見受けられました


このように


Pro Coral A Kを添加する場合 

ほかの添加剤を使用するとその成分が過剰になっている

事が分かります


こういった過剰な成分がサンゴの脱色不自然な剥げを誘発すると共に


水槽が不調になると硝酸塩やリン酸値を気にしすぎる余り


そういったリン酸値の枯渇でより色抜けが激しくなっている方がかなり多いです


バクテリオプランクトンシステムはポリプが良く開きますので


ヤッコ、チョウチョウウオにサンゴが食害されてしまいやすくなりますが


落ち着いた水槽ではハギ、ハナダイ、ベラ等


サンゴに有益な魚は積極的に投入し、サンゴの生存に必要な「汚れ」


をある程度提供してあげることがサンゴの色彩を維持向上する為に重要かと思います




サンゴが不調になる

 ↓

何か成分が不足しているのか?と思い添加剤を足す

汚れが原因かも?と餌を減らし、魚も減らす 

 ↓

微量成分の過剰添加と栄養塩の枯渇でよりサンゴの色彩が淡くなる

 ↓

色々な添加剤を投入する


の悪循環にハマっている方、結構いらっしゃるんじゃないでしょうか?



以上の事から


Bio Actif Systemは


ボーリングメソッドA B Cでカルシウム KH Mgを簡単安定出来


Pro Coral A Kによってサンゴに必要な微量元素をバランスよく供給できる


可能性が高いという事が分かりました


厳密に言いますとお客様の環境で若干の過不足は出るのでしょうが


そこは水質検査で微調整すればかなり簡単に良い水質を維持できるはずです



ボーリングメソッド用粉末 ご購入はこちらから!


ドーシングポンプ共に当店にて取り扱っておりますので


是非ご検討下さいませ